お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年06月27日

関節リウマチ チーム医療

関節リウマチの治療において
チーム医療の重要性が叫ばれています。

RA患者さんは単に関節が痛いだけではありません。
本当に多くの課題を抱えています。

例えば、、、

臓器病変の全て評価
身体機能障害の把握
薬は使えているか
栄養指導、禁煙指導、運動、安静指導
感染症予防、感染症の対応
骨折予防
リハビリ
装具、自助具
手術
精神面管理
挙児希望
経済的・社会的問題

などなどRA患者さんには課題が山積しています。

それを医者が一人で対応するのは困難ですから
チーム医療が必要とされているのです。

チーム医療にはいくつかの形態がありますが、
Multidisciplinary Team Model(多職種チームモデル、MDT)は
その中でも最も簡単なチーム医療の形態です。

関節リウマチのケアにおいては
このMDTでは効果がなかったという論文がでています。
(Rheumatol Int. 2016 Mar;36(3):311-24.)

重要なのはチームが
もっと別の形できちんと機能することです。

チームが機能するとはどういうことか

これを参考に別の形のチームを含めて
しっかり考えていかなければ。。。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
SEO対策テンプレート
医師の気持ち