お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年08月16日

尿管結石

尿管結石は突然の腰痛・腹痛といった主訴で
救急車でERを受診することの多い疾患です。
痛みが激しいので研修医くん達は
初めて遭遇したときはとにかく驚くことが多いです。

さて。。。

治療の際に知っておくべきことが2つあります。

まずは、泌尿器科コールが必要な症例の条件です。
 腎盂腎炎合併例
 両側の結石か単腎症例の場合〜急性腎後性腎不全になるから

この場合は手術などの可能性があるからです。
 経皮的腎結石砕石術PNL〜腎瘻
 経尿道的結石砕石術TUL
 体外衝撃波結石破砕術ESWL
 Medical expulsive therapy (MET)〜自然排石

次に自然経過についてです。
7 mmまでは自然排石可能といわれています。
 -2 mmは1週間
 -4 mmは2週間
 -6 mmは3週間かかるそうな。
それ以上の大きさなら破壊すべきと言われています。

必ず排石が確認できるまでは
フォローアップをつけましょう。


よろしければ応援クリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:13 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち