お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年09月27日

肺血栓塞栓症

肺血栓塞栓症の臨床重症度分類は
救急対応をすることがある研修医くんは
覚えておくといいかなと思うものです。

■臨床重症度分類(血行動態と心エコー上右心負荷で分類)
●Cardiac arrest, Collapse
 心停止あるいは循環虚脱、心エコー上右心負荷(右室拡張・右室壁運動異常・TR)あり

●Massive(広範型)
 ショックあるいは低血圧(新たな不整脈,脱水,敗血症によらず,15分以上継続する収縮期血圧<90mmHgあるいは≧40mmHgの血圧低下)
 心エコー上右心負荷あり

●Submassive(亜広範型)
 血行動態は安定(上記以外)、心エコー上右心負荷あり

●Non-massive(非広範型)
 血行動態は安定(上記以外)、心エコー上右心負荷なし

です(・ω・)b

見逃してはいけない重要な疾患は
それぞれ深めの理解が必要です。


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

posted by いしたん at 18:19 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち