お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年11月08日

メトヘモグロビン血症

メトヘモグロビン血症は
チアノーゼ、呼吸苦、頭痛、
倦怠感、頻呼吸、混迷
といった症状をきたすもので、
動脈血液ガス分析で
MetHb濃度 2%以上で診断となります。

SpO2とSaO2の乖離が有名ですが、
まあ呼吸苦があればまずはパルスオキシメーターをつけて
結局ガスを取ると思います。
ですから最近では血ガス分析機で
直接MetHbが出ますし
個人的にはあまり重要ではないように思います。

メトヘモグロビン血症 原因も参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【呼吸器の最新記事】
posted by いしたん at 14:37 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち