お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年12月18日

輸血依存

輸血依存は再生不良性貧血など
頻回の輸血が必要な状態で問題になります。

輸血依存とは
『月2単位以上の輸血が
 6ヶ月以上継続して必要になった状態 』
と定義されます。

この状態になるとどうしても
避けられないのが鉄過剰症です。
RCC 1単位に100 mgの鉄が
含有されているためです。

輸血後鉄過剰症の対応としては
ガイドラインもあります。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:56 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち