お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年12月29日

上品な人

上品な人っているものですね。

今日来院した患者さんが
帰宅の時の最後にこう言いました。

「お大事に」

『先生の方こそとても忙しそうですから
 本当にお身体ご自愛くださいませ』

立ち上がって深々とお辞儀をして下さいました。

ご自身の方が調子がお悪いのに。
それでも他人の心配をするなんて
本当にすごいなと思いました。
そんな風に帰って行かれました。

特徴を一つずつ盗んで
自分もそんな上品な人になりたいです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:37 | Comment(2) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、主治医が病院を辞める時に手紙を渡すかどうか相談させて頂いた者です。

昨日受診し先生に手紙を渡して来ました。
最後まで手紙を渡そうかとても悩みましたが、いしたん先生の「感謝の気持ちを伝えるチャンスがあるなら」という言葉に背中を押されて手紙を渡して来ました。
主治医からすれば私は一人の患者にしか過ぎないかもしれませんが、私からすれば主治医は一人しかいない特別な存在。疾患だけではなく、患者さん自身もみれる先生に出会えて本当に良かったです。
医師と看護師とでは立場は違いますが、私がその先生をみていたように、私も患者さんから見られていると肝に銘じて働こうと思います。
Posted by ししどん at 2017年12月30日 08:13
ししどんさん

お手紙を渡せて良かったですね。
医療スタッフ全員がそのような想いがあるならはきっと素晴らしい病院になるでしょう。
頑張りましょう!
Posted by いしたん at 2018年01月01日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち