お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年01月08日

トロッカー 入れ方

トロッカーの入れ方です。

まず研修医くん達に知っておいて欲しいのは
トロッカー挿入手技は致死的な合併症が起こります。
例えば血胸になってしまうと
なかなか気づきにくく、そして対応が難しい。
必ず呼吸器内科の指導者のもとで行いましょう。

いしたんの手順を記載します。
ただし重要なのはその施設ごとの決まりに
従って入れることです。

CT
 挿入する距離を決めておく
 肺がきちんと虚脱している場所で刺す
体位
 第5-6肋間中腋窩線からの挿入の場合
  上肢を挙上し側臥位
エコーで刺すところ(挿入部位)を確認(肋骨上縁)
 気胸
  鎖骨中線第2-3肋間
  第5-6肋間中腋窩線
 胸水
  第7-9肋間
  背側下方へ挿入
消毒
清潔手袋
ドレープを準備
グッズをとる
キシロカインで皮膚麻酔
垂直に入れて胸膜まで麻酔
 肋骨骨膜に添わせて麻酔するイメージ
メスで皮膚脂肪層まで切開(チューブの1.5-2倍の距離)
クーパで繊維をメリメリとはいでいく
 最後はクーパーで貫くイメージ
開通したら左手でふさぐ
鉗子で閉鎖したトロッカーを入れる
 数センチのところに左手1・2指を添えて、右手をトロッカーの上に置く
 右手にしっかり力を入れて押す
皮膚を縫ってドレーンを固定
 皮膚を縫う→結ぶ→糸をチューブに絡ませる→結ぶ
 これを両サイドから
吸引器につなぐ
 圧指示を忘れずに
 陰圧
  0(水封)
  →-10(胸腔内圧が-5〜-8 cmH2Oだから)
  →-20 cm H2Oとあげていく
 引けた量は10時区切りで24時間ごと
CXR
 血胸がないか・挿入位置が正しいかを確認するため
 肺尖部を目指したが縦隔方向に入ってしまうこともある

最後に繰り返しますが、死亡事故の多い手技です。
一人で入れるのはやめましょう。

参考になれば幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 10:17 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち