お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年03月07日

麻疹 流行

麻疹(はしか、Measles)は
2006年から予防接種(MR・風疹との抱き合わせです)の
2回打ちが施行されてから
どんどんと罹患数は減少しています。

日本の土着株である5D型は2010年を最後に
報告がないそうです。
1990年代までは年間数十万人が
罹患していたというのだから
時代の流れを感じますね。

では全く知らなくていい病気なのかというと
そうではありません。
麻疹 関空は耳に新しいと思います。

つまり流行国であるインドネシア(バリ島)や
モンゴルなどへの渡航歴のある人で
今でも発症しているのです。

殆どの人はワクチン接種者ですから
修飾麻疹といって症状がわかりにくいことがあります。
高熱がない、発熱期間が短い、
カタル症状がない、発疹がない〜軽度
といったケースでも海外渡航歴があれば
疑って保健所と協力して診断しましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:16 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち