お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年04月01日

医療安全

医療安全とは読んでそのもの、
医療を安全に遂行することを目的とした
様々な対策や方法のことです。

前提として人は誰でも間違えるものだ
ということがあります。
エラーは低いパフォーマンスや弱さではないのです。
エラーは人間にはつきものなのです。
ですからエラーを犯した医療者を
辞めさせればいいという対策ではないのです。
(トカゲの尻尾切りではダメなのです)

人間はミスをするものだから
どのように対策を打っていくかを
真剣に考えていくことが必要です。

Martin Bromileyさんをご存知でしょうか。

パイロットでヒューマンエラーを前提にして
仕事・対策をしている職業人です。

彼の奥さんが不幸にも手術する前に
挿管困難で亡くなったのです。

しかし、その医者たちを辞めさせるとか
避難するということではなく、
医療業界にエラーマネージメントというものが
殆ど存在しないことを見つけ、
文化を変えていこうとしているのです。

とてもスゴイ人です。

『Just a Routine Operation』

という動画をYou tubeででも
一度ご覧ください。

医療安全についてとてもいいキッカケをくれるでしょう。

2年目の研修医になる時に、
もう一度気を引き締めたいものです。

さ、また一年よろしくお願いします。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【病院経営の最新記事】
posted by いしたん at 00:52 | Comment(0) | 病院経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち