お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年04月30日

B型肝炎再活性化

B型肝炎再活性化は今の時代では
どこの科でも注意が必要なものだと思います。

定義はHBVキャリア or 既感染が
化学療法、免疫抑制療法を受けてHBV-DNAが増えることです。

特に既感染からの再活性化を特にde novo肝炎と呼びます。
ベースの感染状態についての分類は
HBVキャリア 定義を参照してください。

どの科で研修していても内科であれば
化学療法か免疫抑制薬を使う人と
出会うことは珍しくないでしょう。

重要なのは発症したら重症化・劇症化する頻度が高く
死亡率がとても高いという点です。

ですから予防をきちんと行うことが重要で、
研修医くんが担当になった時に
しっかり予防策がされているかを
チェックすることは重要です。

HBs Ag+ならHBe抗原、HBe抗体、HBV DNA定量が
測定されているのかを確認しましょう。
キャリアではできるだけ早期に
核酸アナログを投与する必要がありますので、
免疫抑制・化学療法前に肝臓専門医にコンサルトしましょう。

HBs抗原陰性ならHBc抗体とHBs抗体を測ります。
HBc抗体 or HBs抗体陽性なら(既往感染と言えるので)
HBV DNA定量で1.3 log IU/mL(20 IU/mL)以上なら核酸アナログを使用。
1.3 log IU/mL未満ならモニタリング(HBV DNA定量を1回/月、AST/ALTを1回/月で)

HBc抗体とHBs抗体陰性なら通常通りの対応です。

「過去のデータを見ていたらHBs Ag陽性なのですが、
 再活性化の検査や予防薬は要らないでしょうか?」

そんなことを研修医くんが言ってくれたら
きっと上司は感動すると思います。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:58 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち