お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年05月17日

運転 許可

運転の許可についての条件は
色々とあると思います。
運転は他人への迷惑という観点がありますので、
法律的なところにも根拠があります。

医者としても少しは知っておきたいところです。

  道交法第103条,同法施行令第38条
   目が見えないこと
   体幹の機能障害で腰かけることができない
   四肢の全部を失った者 or 四肢の用を全廃した者
   その他自動車の安全に必要な認知または操作のいずれかに係る能力を欠く
  道交法第90条
   幻覚の症状を伴う精神病で法令で定めるもの
   発作により意識障害もしくは運動障害をもたらす病気で政令で定めるもの
    てんかん
   その他自動車の安全な運転に支障を及ぼす病気として政令で定めるもの
  道交法施行令第33条
   アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症は運転適性なし
   重症睡眠時無呼吸症候群(SAS)は運転適性なし
  道交法第66条
   何人も,過労,病気,薬物の影響その他の理由により,正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない

つまり、研修医くんが
上記のような症状で受信した or 入院した患者さんに
自動車の運転について適切に情報提供を
できるようにしたいところなのです♫


よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:52 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち