お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年08月31日

クロストリジウム ディフィシル ガイドライン

クロストリジウムディフィシルは
CDCがカルバペネム耐性腸内細菌科細菌と並ぶ
耐性菌の脅威として考えていることからわかるように
非常に重要な病原体の一つです。

C difficileのガイドラインとしては
IDSA/SHEAガイドライン2017
(Clin Infect Dis. 2018 Mar 19;66(7):987-994.)が
一番新しいものではないでしょうか。

クロストリジウム ディフィシル 感染対策はもちろん重要です。

それに加えて治療法も変わりました。

これまで日本ではメトロニダゾール、
経口バンコマイシンしかありませんでした。
しかし2018/07にいよいよ
フィダキソマイシン(ダフクリア)が
日本でも承認されたことから、
同じような治療ができるようになりました。

ですから、研修医くんは是非上記ガイドラインを
一読してみてください🎵

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:07 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち