お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年09月12日

心房細動 冠動脈疾患

心房細動がある冠動脈疾患の
抗血栓療法は大問題です。

AFには抗凝固薬が必要で、
ACSには抗血小板薬が必要です。
とすると抗凝固薬 + DAPTで
triple therapyとなるのか!?

すごく出血が多そうだ。。。
直感的にそう思うと思います。

WOEST試験という試験があります。
(Lancet. 2013 Mar 30;381(9872):1107-15.)
心房細動合併冠動脈疾患に対して
ワーファリン + DAPT vs ワーファリン + チエノピリジン
という比較を行ったところ、
Triple therapyは出血も血栓性イベントも多かった!

こんなに使っているのに血栓性イベントが
むしろ増えるのはびっくりですよねー。

ということでヨーロッパのガイドラインでは
(Eur Heart J. 2016 Oct 7;37(38):2893-2962.)
ステント植え込みから1年以上では
抗凝固薬単剤が推奨されています。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:08 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち