お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年09月21日

AKI

急性腎障害(acute kidney injury:AKI)と
急性腎不全(acute renal failure:ARF)って
何がどう違うのよ?

研修医になった頃に感じた疑問の一つです。

ARFが古い概念で、急激な腎機能の低下のことを
表現した言葉でしたが、
沢山の定義や診断基準があり
今更統一した基準を作っても混乱すると
考えられたのでしょう。

そこでAKIという言葉が提案されたのでした。
新たな診断基準とともに!

細かく言えばICU患者での多臓器不全で
生じる腎障害をAKIとして捉えて介入すべきと
考えられたといった背景もありますが、
まずはざっくり上記のような違いがあると言う
理解でいいと思います。

腎機能障害があった場合は
ARFよりAKIと言う言葉を使ってみましょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:Aki ARF 違い
posted by いしたん at 23:44 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち