お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年09月28日

急性リンパ球性白血病

急性リンパ球性白血病(ALL)は
成人では珍しく標準治療が
AMLほどはガッチリとは決まっていません。

長期生存率があまりよくない
疾患であるのは今も昔もあまり
変わらない印象ではありますが、
ALLの世界も少しずつ進歩しているのです。

例えば!

Ph陽性ALLは絶対的な予後不良だったのですが、
イマチニブ、ダサチニブ、ポナチニブなど
BCR-ABL1を阻害する薬剤によって
治療成績が向上しています。
(J Clin Oncol. 2006 Jan 20;24(3):460-6.)
(Blood. 2011 Dec 15;118(25):6521-8.)
(Lancet Oncol. 2015 Nov;16(15):1547-1555.)

例えば!!

15-24歳のいわゆるAYAに対して
成人ALLプロトコルより
小児ALLプロトコルを行うと
成績が良かったという報告もあります。
(Blood Cancer J. 2014 Oct 17;4:e252.)

最近は何だか血液内科ブームなのです、個人的に。笑
血内凄いです♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 18:34 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち