お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年10月14日

救急隊 応急処置

救急隊の応急処置はとても助かりますね。

CPA患者が入ります!

そうコールされたら、
人手、モニター、点滴、ガス、
採血、除細動器、背板、挿管、
エコー、心電図、酸素と
準備準備に慌ただしくなります!

何に誰を配置するかを
考えて色々指示を出す。
人手がどうしても足りないときは
一人二役もやらざるをえない。

先日運ばれてきた心肺停止の患者さんは、
救急救命士さんによって、
ラリンゲルマスクが入っていて、
ルートが確保され、
アドレナリンも投与されていました。

おかげで色々なところで
人手が足りないということはなく、
病院についてからは
FASTをやったり2本目のルートをとったりと
CPAの原因検索・治療をより効率的に
行うことができました。

医師だけでは救えない命がある。
メディカルスタッフは一丸となって
患者さんを助けていきたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:37 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち