お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年10月29日

膠原病 治療

膠原病の治療は一概には言えません。

膠原病とは臓器横断的な診断名であり、
感染症ととてもよく似ています。

肺炎球菌の治療は?

と聞かれても中々答えられないのと同様です。

抗菌薬は当たり前としても、
肺炎、髄膜炎、劇症型感染症OPSIなど
その感染臓器とその重症度によって
治療法は色々と異なるのです。

同じようにSLEと言われても
その臓器病変が皮膚なのか
腎臓なのか、神経系なのかで全く違います。

ですから治療を考えるときは
まずその臓器病変をつかむこと。
そしてその重症度を判断すること。
この二点を押さえて治療法を決定しましょう。

ステロイドも使わない膠原病もあるんです。
薬剤性ループスなど原因がはっきりしている
病状もあるのです。

膠原病の難しさは診断名だけで
治療法が決定しないことです。

参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 11:50 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち