お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年10月30日

上腕骨近位部骨折

上腕骨近位部骨折と一言でいっても
様々な骨折のタイプがあります。

まずはどこに骨折線が入っているのか、
いくつのパーツに別れているのか、
転位の程度はどうかなどで
分類をすることが必要です。

まずはAO/ASIF分類です。
 A型(unifocal fracture)
  関節外に1ヵ所の骨折線あり
  骨頭への血流は障害されない
 B型(bifocal fracture)
  関節外に2ヵ所の骨折線あり
  骨頭への血流は部分的に障害される
 C型
  関節内骨折
  骨頭への血流は障害される
 脱臼の有無や転位の程度などによりさらに細分化
 >>>
 他部位の骨折のAO/ASIF分類と共通のコンセプトがあることがメリット
 外傷外科の領域でよく用いる



AO法骨折治療

上記教科書を参考にしてみてください。

Neer分類(four-segment classification)
 骨頭・大結節・小結節・骨幹部の4つのsegmentに注目
 displaced fracture
  segment相互に1cm以上の離開 or 45°以上の回旋変形あり
  2-part骨折
  3-part骨折
  4-part骨折(外反嵌入骨折)
 minimally displaced fracture
  骨折線があっても45度未満の転位
  1-part骨折
  >>>周囲の軟部組織が残存し骨血流も保たれる
 >>>
 骨折型と治療法選択との関係がわかりやすい
 現在は改訂Neer分類を用いることが多い

J Bone Joint Surg Am. 1970 Sep;52(6):1077-89.
J Shoulder Elbow Surg. 2002 Jul-Aug;11(4):389-400.:改訂されたもの

上記を参考にしてみて下さい。

この分類を元に手術するのか、
保存的加療をするのかを決めていきます。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【整形外科の最新記事】
posted by いしたん at 18:46 | Comment(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち