お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年11月07日

ITP

ITPは日本では特発性血小板減少症と
言われていますが、
最近欧米では免疫性血小板減少症と呼ばれます。

日本では『SLEによるITP』とか表現されます。
SLEによるって言ってんだから
もはや"特発性"ではないだろう。。。
そんなことを思った研修医くんは
少なくないのではないでしょうか。笑

さて。。。

ITPは成人では慢性型が多いのですが、
徐々に発症し6カ月以上〜年余に渡って
経過する疾患です。

紫斑、鼻血、過多月経、
深部出血(脳、肺、消化管)などの
出血症状が代表的です。

検査所見としてはPLTが高度に低下します。
PA-IgG上昇するのも特徴の一つです。
骨髄穿刺で他の血液疾患の除外も必要です。

この鑑別がとても難しいのですが、
逆にできるようになれば
血小板減少の鑑別ができるようになったと
言えると思いますので
研修医くんの勉強にはもってこいの疾患ですね。

で、色々な鑑別ができたら
いよいよ診断基準との照合です。

出血症状
血小板減少 + WBCとRBCは正常
骨髄検査で巨核球が正常〜増加 + 赤芽球や顆粒球は正常
血小板減少をきたす他の疾患が否定的

上記の全てを満たした場合にITPと診断します。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:itp 症状 診断
posted by いしたん at 23:28 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち