お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年11月20日

ALDH2

ALDH2とは2型アセトアルデヒド脱水素酵素を
略して表したもので、
エタノールの代謝物である
アセトアルデヒドを酸化する役割を果たしています。

ALDH2には遺伝子多型があり、
ALDH2*1は野生型 、
ALDH2*2は活性がほぼ欠損します。

ALDH2*1/1 は日本人の50%です。
この人たちはフラッシング反応はなく
お酒に強い人ということになります。
このタイプの代謝活性1とします。

ALDH2*1/2 は日本人の40%です。
このタイプの代謝活性は1/16です。
この人たちはフラッシング反応を示します。
ビールコップ一杯程度の少量の飲酒で
顔面紅潮・嘔気・動悸・眠気・頭痛など が
起こるということです。
全く代謝できないわけではないので
飲酒習慣を持つことがあります。

ALDH2*2/2 は日本人の5%です。
代謝活性は0 です。
ごく僅かなアルコールでも気分不快となります。
下戸ということになるため飲酒機会を持つことは稀です。

多型について検査をしてもいいのですが、
上記表現系で推察はできると思います。

このフラッシングがある人は
食道癌のリスクとなりますから、
フラッシャーには内視鏡を是非勧めたいものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 20:44 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち