お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2018年11月30日

鳥インフルエンザ H7N9

鳥インフルエンザのH7N9亜型は
2013年に中国上海市で
ヒトへの感染が発生したため
大きく注目されたものです。
(N Engl J Med. 2013 May 16;368(20):1888-97.)

特に重症肺炎となり死亡率が高いことから
警戒が必要な亜型です。
(N Engl J Med. 2013 Jun 13;368(24):2277-85.)

一過性に出現してきただけなら良かったのですが、
2013年の後も中国ではH7N9ウイルスの
感染が報告されていて常在化したとも考えられています。

市場がヒトへの感染を媒介していることが指摘され
(Lancet. 2014 Feb 8;383(9916):541-8.)
市場の閉鎖等も行われましたが、
結局は中国国内に拡散し
2017年鳥類にも高病原性を獲得したようです。
(Emerg Infect Dis. 2018 Jun;24(6):1095-1098.)

トリインフルエンザについては
ますます悪い方向に進んでいるような印象です。
世界的な大流行にならなければ良いのですが。。。

厚生労働省でも情報が見られますが、
農林水産省の鳥インフルエンザに関する情報も
かなり詳しく報じられています。
参考にしてみてください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

posted by いしたん at 19:26 | Comment(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち