お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年01月25日

睡眠時無呼吸症候群 高血圧

睡眠時無呼吸症候群SASは
二次性高血圧症の代表的な原因疾患です。

SASの高血圧の特徴は
早朝高血圧・日中血圧上昇・夜間高血圧!
つまり一日中血圧が高いnon dipper型であることです。

機序・病態としては、、、

 apnea
 →SpO2低下/CO2貯留
 →交感神経亢進
 →血管収縮
 →代謝異常や治療抵抗性高血圧

と言われているとも思いますし、

高レニン・高アルドステロン血症である
とも言われています。

スピロノラクトン投与でAHIが改善したという報告と
治療抵抗性高血圧を示すSAS患者にCPAP療法を行うと
アルドステロンが低下したという報告があります。

アルドステロンとSASはお互いに
深い報告があると言われています。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:50 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち