お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年01月27日

IgA血管炎

IgA血管炎の診断基準です。

●2010年EULAR/PRINT/PRESの分類基準(Ann Rheum Dis. 2010 May;69(5):798-806.)
必須項目
 血小板減少を伴わない触知可能な紫斑
主要項目
 腹痛
 関節痛/炎
 組織学的所見:IgA沈着を伴う白血球破砕性血管炎 or IgA沈着を伴う増殖性糸球体腎炎
 腎病変
>>>
必須項目と主要項目を1つ以上認めたらIgA血管炎と確定診断

IgA血管炎は小児に多い疾患であるのですが、
成人でも起こることがあります!

ちなみにIgA血管炎は別名が沢山あります。
アレルギー性紫斑病
アナフィラクトイド紫斑病
Henoch-Schönlein紫斑病
血管性紫斑病
などなどです。
別の疾患ではないのでご注意ください。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 08:01 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち