お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年02月05日

不眠症 診断基準

不眠症の診断基準は知っておきましょう。

ICSD-2の不眠症の全般的診断基準では

 睡眠の質や維持に関する訴えがある
 訴えは適切な睡眠環境下において生じている
 以下の日中の機能障害が1つ以上
  倦怠感 or 不定愁訴
  集中力・注意・記憶障害
  社会的機能の低下
  気分障害 or 焦燥感
  日中の眠気
  動機・意欲の障害
  仕事中・運転中のミスや事故の危険
  睡眠不足に伴う緊張・頭痛・消化器症状
  睡眠に関する不安

重要なのは睡眠のところだけではなくて、
それにより何か日常生活に支障が出た状態が、
睡眠障害と定義されているということです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 20:55 | Comment(0) | 精神科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち