お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年02月26日

緑膿菌 肺炎 抗菌薬

緑膿菌による肺炎の抗菌薬としては、、、

成人肺炎診療ガイドライン2017によると

 内服薬
  第一選択
   ニューキノロン系薬
    シタフロキサシン、シプロフロキサシン、レボフロキサシン
 注射薬
  第一選択
   ピペラシリン・タゾバクタム、ピペラシリン
  第二選択
   第三・四世代セフェム系
    セフタジジム、セフェピム、セフォゾプラン
  第三選択
   ニューキノロン系薬
    シプロフロキサシン、パズフロキサシン、レボフロキサシン
  第四選択
   カルバペネム系
    メロペネム、ドリペネム、ビアペネム

とされています。

アミノグリコシド系が外れているのは
肺への移行性が悪からでしょうかねー。
参考にどうぞ♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:38 | Comment(0) | 呼吸器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち