お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年03月25日

救急車 同時

救急車って同時に何台まで捌けるものでしょうか?

ま、もちろん重症ではない場合は
台数に限りはないと思います。

しかし先日の当直ではこんなことがありました。

救急隊『中年男性の突然の季肋部痛です。』

良いよ!運んでください。

別の救急隊『高齢女性の酸素化低下です。』

良いよ!運んでください。

更に別の救急隊『高齢女性の血便・失神です。』

んー、流石にそれはすぐに対応できません。
他の病院をまずは当たってください。

10分後更に別の救急隊から再度電話がありました。

すみません!ご本人さんと家族さんがどうしても
貴院が良いと言ってます。
いつまで待っても良いからと。

出血してるならそれは待てないでしょう!
仕方ない、運んでください!!

救急処置室はてんやわんや。
何とか応援の看護師さんも駆けつけてくださり
バッタバタと検査や処置やらに対応しました。

夜中なのに研修医くんも頑張ってくれて
何とか3人無事に入院加療に辿り着けました。
本当は余裕を持って対応しなければなりませんが、
こういう時もあるんですね。

緊急事態にしっかりと協力し合えるチームがあるのは
とても幸せなことだと思いました。
皆さまお疲れ様でした。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:40 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち