お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年03月29日

尿路感染症 抗菌薬

尿路感染症の抗菌薬を選択するときに
尿路への移行性を知っておくことは非常に重要です。

 高濃度移行
  アミノグリコシド系
  ポリペプチド系
  グリコペプチド系
 中濃度移行
  βラクタム系
  ニューキノロン系
  テトラサイクリン系
 低濃度移行
  マクロライド系
  リンコマイシン系

腎臓内科の先生からの受け売りですが。。。汗

ちなみに各臓器毎に移行性を覚えるのは
ステップ2だと思っています。
まずは抗菌薬 臓器移行性でも記載した通り
通常の用法用量で届く場所と届かない場所を
覚えておくことがステップ1です。

お役に立てば幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 19:13 | Comment(0) | 腎臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち