お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年04月04日

ブルガダ症候群

ブルガダ症候群は心電図のV1-3での
J点で0.2 mV以上のST上昇を特徴とする
遺伝性不整脈の代表的な疾患です。

最近Brugada症候群の診断基準が発表されました。

●上海スコア(J Arrhythm. 2016 Oct;32(5):315-339.)
 心電図所見
  自然発生Type 1 Buruada心電図(高位肋間を含む)(3.5)
  発熱誘発Type 1 Buruada心電図(高位肋間を含む)(3)
  Type 2 or 3 Buruada心電図(Naチャネル遮断薬誘発Type 1)(2)
 臨床所見
  心停止 or VF or 多系性VT(3)
  夜間苦悶様呼吸(2)
  不整脈源性失神(2)
  機序および原因不明の失神(1)
  30歳未満の孤発性心房細動・心房粗動(0.5)
 家族歴
  確実なブルガダ症候群の家族歴(2親等以下の家族)(2)
  心臓突然死(発熱・夜間・薬剤による)の家族歴(2親等以下の家族)(1)
  45歳未満の原因不明の突然死(2親等以下の家族)(0.5)
 遺伝子診断
  病的意義があると考えられるブルガダ症候群原因遺伝子変異(0.5)
 >>>
 各項目の最も高い点数の合計を計算
  確実:3.5点以上
  可能性あり:2-3点
  診断できず:2点未満

スコアリングがあるとブルガダだと思うとか
思わないとかで議論せずに済むので
分かりやすくなってとてもいいですよね。

ブルガダ症候群 心電図も参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:39 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち