お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年04月12日

DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬は最近では糖尿病の治療で
とてもよく使われるようになっていますね。

どんな種類があるのか一覧です。

シタグリプチン(ジャヌビア、グラクティブ)
 50 mg/分1
 腎機能低下では使えない
 Diabetes Obes Metab. 2018 Sep;20(9):2274-2281.
  対象
   日本人新規2型糖尿病
  介入
   ジャヌビア vs ダオニール
 START-J試験(Diabetes Obes Metab. 2017 Aug;19(8):1188-1192.)
  対象
   60歳以上の2型糖尿病
  介入
   ジャヌビア vs グリメピリド
  結果
   HbA1c
    24週:-0.7(ジャヌビア) vs -0.9(グリメピリド)
    52週:-0.7(ジャヌビア) vs -0.8(グリメピリド)
    24週:-0.7(ジャヌビア) vs -0.6(グリメピリド)
 心血管イベントについては減少しない(N Engl J Med. 2015 Jul 16;373(3):232-42.)
 腎機能障害は2年間は進まない(Intern Med. 2016;55(10):1275-8.)
 配合薬
  スージャヌ(SGLT2阻害薬イプラグリフロジンと)

ビルダグリプチン(エクア)
 100 mg/分1、肝・腎障害では使えない
腎機能低下症例では25 mg/dayから開始

アログリプチン(ネシーナ)
 25 mg/分1、腎障害では減量
 配合錠
  イニシンク(メトホルミンと)
   アドヒアランス向上(Clin Ther. 2004 Dec;26(12):2066-75.)
  リオベル(ピオグリタゾンと)

テネリグリプチン(テネリア)
 20 mg/分1、J-shaped構造
 配合錠
  カナリア(カナグリフロジンと)

リナグリプチン(トラゼンタ)
 5 mg/分1、高齢者にも安心して使える
 効果がエクアやジャヌビアの0.7倍という人も
 肝臓・腎臓に関しての使用制限なし
 配合薬
  トラディアンス(エンパグリフロジンと)

アナグリプチン(スイニー)
 200 mg/分2、腎機能低下では使えない

サキサグリプチン(オングリザ)
 5 mg/分1、腎障害では減量

トレラグリプチン(ザファテック)
 構造
  アログリプチンにFを付けただけ
 週1回投与

オマリグリプチン(マリゼブ)
 週1回投与

参考になれば幸いです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 18:19 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち