お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年04月14日

プロブレムリスト

プロブレムリストの書き方については
自分なりの方法でいいですので、
何か一本筋を通せるといいですね。

というのはプロブレム毎に医学情報を
整理整頓して対応していくのが
今の医療の基本だからです。

研修医くんにはまずはプロブレムの挙げ方を
具体的に知ってもらいたいと思います。
自分のやり方を記載します。
必ずしも正しいわけではないと思いますが
参考になれば嬉しいです。

Step1
入院時記録のように
主訴から始まり、検査結果までをしっかりと書く。

Step2
上記で記載した全ての情報を
アセスメントを記載する欄にコピペします。

Step3
コピペした文字情報で不要なところを
全て削除していきます。
ここで対応が必要とか覚えておくべきことや
診断に必要な情報はもちろん残します。

削除か残すかの明確な基準はありません。
自分の感覚や知識によります。

すると、、、

残ってきたキーワードが
あなたの作ったプロブレムリストです(・▽・)b

しっかり書いてきたSやOまでの記事を
全く活かすことなく再度独立して
プロブレムを挙げようと考える研修医ちゃんがいました。

それは時間が勿体無い!
参考になれば♫

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 15:36 | Comment(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち