お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年04月22日

アミロイド

アミロイドとは正常にフォールディングした
タンパク質の高次構造が変性して
凝集し不溶化した線維状の蛋白のことと定義されます。

上記定義を満たせば前駆蛋白は何でも良いのです。
ただしアミロイドーシスの原因を探るには
そのアミロイド蛋白の種類や前駆蛋白を
知る必要があります!

というわけで前駆タンパク質とアミロイドタンパクの
対応についてまとめました。

免疫細胞性アミロイド
 L鎖(λ、κ)→アミロイド蛋白AL
 Ig γ→アミロイド蛋白AH

アポSAA→AAアミロイド

トランスサイレチンTTR→アミロイド蛋白ATTR

β2-ミクログロブリン→アミロイド蛋白Aβ2M

アミロイド前駆体蛋白AβPP→アミロイド蛋白Aβ

プリオン蛋白→アミロイド蛋白Ascr

(プロ)カルシトニン→アミロイド蛋白Acal

LAPP(アミリン)→アミロイド蛋白ALAPP

心房ナトリウム利尿ペプチド→アミロイド蛋白AANF

ケラチン→アミロイド蛋白Aker

インスリン→AIns

と色々なタンパク質が
アミロイドーシスの原因になり得ることを
まずは知っておきたいものです。

アミロイドーシス ガイドラインも参考にしてください。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:03 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち