お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年05月11日

持続皮下インスリン注入療法

持続皮下インスリン注入療法(CSII)とは
インスリンを注射的に注射してくれるものです。
そのCSIIも機械がどんどん進化して
もはやインスリンを注射するだけではない
優れた機器がどんどん出てきました。

例えばCGM機能がついたものを
sensor augmented pump・SAPと言います。
メドトロニック社のMinimed 620Gなんかがそうです。

その上モニターした血糖値に基づいて
自動的にインスリン注入量が
調整される装置もあります。
人工膵臓(AP)と呼ばれています。

iPS細胞から作るのではなく、
メカニクスが作る人工膵臓です♫

低血糖時にインスリン注入を止めるものが
その中でも最も基本的なタイプで、
メドトロニック社の
MiniMed Paradigm Veoが該当します。

更に低血糖をできるだけ減らすため
低血糖を『予測して!』
事前にインスリン注入を止めるものも出来ました。
メドトロニック社のMiniMed 640Gです。

更に更に!低血糖・高血糖をできるだけ減らすため
低血糖・高血糖を予測して
事前にインスリン注入を停止・追加するという
本当にインスリン自己注射要らずの
すっごい製品もあります。
メドトロニック社のMiniMed 670Gです。

いやはや工学の世界の進歩も凄いものです。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:43 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち