お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年05月30日

POEMS症候群

POEMS症候群とは別名が
Crow-Fukase(深瀬)症候群と言います。

代表的な症状の頭文字をとって命名されています。

神経障害 polyneuropathy
 多発性神経炎(末梢神経障害・脱髄性)
  下肢優位・左右対称性の重度の運動感覚障害
  →自発痛を伴うことが多い
  →進行すると四肢麻痺

臓器腫大 organomegaly

内分泌異常 endocrinopathy
 女性化乳房

M蛋白血症 M-protein

皮膚障害 skin changes

です。(・▽・)b

診断基準としては
Cochrane Database Syst Rev. 2012 Jun 13;(6):CD006828.
を参考にしてみて下さい。

大基準
 多発ニューロパチー(必須)
 M蛋白
 血清VEGF高値

小基準
 骨硬化性病変
 キャッスルマン病
 臓器腫大
 浮腫・胸水・腹水・心嚢水
 内分泌異常
  ※糖尿病と甲状腺機能異常は有病率が高いため単独では1項目として採用しない
 皮膚異常
 乳頭浮腫
 血小板増多

>>>

Definite:大基準3項目と小基準1項目以上
Probable:大基準2項目と小基準1項目以上
Possible:ニューロパチーと小基準2項目以上

となっています。(・▽・)b

神経内科スタートとか内分泌科スタートとか
この疾患の入り口は色々です。
しっかりと知っておきたい疾患の一つですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:13 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち