お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年06月08日

糞便微生物移植

糞便微生物移植(便移植・FMT)は
近年注目されている治療法の一つです。

再発性クロストリジウムディフィシル感染症
潰瘍性大腸炎
過敏性腸症候群

といった疾患を始めとして
色々な疾患で治験が進んでいます。

欧米では経鼻十二指腸管を挿入するとか
カプセル化することで投与されています。
一方日本では下部消化管内視鏡で
盲腸に懸濁液を投与する方法で投与されています。

でも便を食べるなんて・・・。
ねえ・・・。
と直感では思います。

時代が変わるとはこういうことなのでしょうね。
感染症が好きな医者としては
糞口感染する感染症の大流行だけは
どうにか避けて欲しいです。笑

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【消化器の最新記事】
posted by いしたん at 00:01 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち