お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年06月18日

アドバンス・ケア・プランニング

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)は
最近よく言われるようになったものです。

定義は、患者さんと家族、医療者、介護者などで
今後意思決定能力が低下する場合に備えて
医療や介護内容、代理で意思決定をする人などを
あらかじめ話し合い決めておくといったものです。

厚労省のホームページには
自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて
ガイドラインなどが載っていますので
1度目を通しておくとよいでしょう。

救急をやってるとこのACPが
出来ていないばっかりに、
運ばれてきたのは良いものの、
どこまでどう治療するかで
家族が色々ともめてしまうことがあります。

研修医くんの頃から悪性腫瘍とか
COPDとか死に向かって進んでいく状態の
患者さんにACPがどうなのか
考えておくととても良いと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

posted by いしたん at 22:07 | Comment(0) | 内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち