お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年07月06日

免疫グロブリン製剤 βDグルカン

免疫グロブリン製剤はβDグルカン上昇の
原因の一つになります。

血漿分画製剤は製造工程で
セルロース系の濾過膜を使用しているため
β-D-グルカン様物質が含まれるからです。

IVIgが必要な方は免疫状態が
低下していることが多いので
日和見感染症の鑑別が必要です。

ということで免疫グロブリン製剤が
原因となることを知っておくことは必須です。

感染症誌 91: 1〜6, 2017によると
グロブリン製剤はβDの含有が少ない順に
 ベニロン:3.5 pg/mL程度
 ヴェノグロブリン:12.1 pg/mL程度
 ガンマガード:15.9 pg/mL程度
 グロベニン:11.1 pg/mL程度
 ポリグロビン:50.6 pg/mL程度(5%製剤)・127 pg/mL程度(10%製剤)
 サングロポール:249.7 pg/mL程度→5 g使うとβD 12 pg/mL程度上がる可能性あり
ということだそうです。

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

posted by いしたん at 22:08 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち