お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年07月30日

悪徳雑誌

悪徳雑誌って知ってますか?
先日同僚と喋っていて初めて聞きました。

日本医学雑誌編集者会議でも
注意喚起されていました。

悪徳雑誌はハゲタカ雑誌とか捕食雑誌、
粗悪雑誌などとも訳されるもので、
間違っても投稿してはいけないものだそうです。

有名誌に似た雑誌名をつけていたり、
論文掲載加工料や編集・出版方針が
明らかでないなどの特徴があるそうです。

実際は殆ど査読されず
しかも高額な掲載料を請求されます。
また学術文献データベースに収録されないので
業績評価の対象には全くなりません。

しかも発表されてしまったら
取り下げることができずに
他の雑誌に投稿することもできないそうです。
つまり努力が水の泡になります。

最悪だ・・・。

もしかしたら数年、もっと長いものだと10年くらいの
とっても長い長い努力が金づるにされるなんて・・・。

研修医くんたちも症例報告などを
論文にすることがあると思います。
間違ってもハゲタカジャーナルには
投稿しないようにしたいですね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:30 | Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち