お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年08月16日

強皮症 間質性肺炎

強皮症の間質性肺炎は
極めて難しい疾患の一つだと思います。

何がって?

治療をするかどうかを決めることがです。

自然経過が非常に多様だからです。
全く進行しないものから進行するものまであります。
進行してもSSc発症4年以内が多く、
それ以降は無治療でも殆どが進行が緩徐になると言われます。
 Arthritis Rheum. 1994 Sep;37(9):1283-9.
 Curr Opin Rheumatol. 2016 May;28(3):236-45.

逆にFVCが改善してくるものも
一定数存在するとされます。
 Rheumatology (Oxford). 2015 Aug;54(8):1464-71.

だから治療をしてよくなったのか
それとも単なる自然経過なのか
よくわからないのです。

ですから間質性肺炎の進行予測について
世界中で色々と報告されています。

今の所はFVCとHRCTでの病変の広がりで
ステージングするものが
広く使われているといわれています。
 Am J Respir Crit Care Med. 2008 Jun 1;177(11):1248-54.

間質性肺炎は強皮症の死因で
最多ともされています。
 Ann Rheum Dis. 2007 Jul;66(7):940-4.
 Ann Rheum Dis. 2010 Oct;69(10):1809-15.

ですから死亡するような患者さんを
いかに最初から予測して
適切な方に治療を行うかは
とても重要な、そして解決していない課題です。

研修医くんが膠原病科をローテートしたときに
担当患者さんが治療を要するかを
どうやって決めているかを
勉強してみてくださいね〜。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:30 | Comment(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち