お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年08月22日

SIADH 診断基準

SIADHは色々な呼び名があります。

バソプレシン不適合分泌症候群とか、
ADH不適合分泌症候群とか、
抗利尿ホルモン不適切分泌症候群とか、
バソプレシン分泌過剰症とか
統一してほしいものです。笑

さて、、、

SIADHは低ナトリウム血症の原因として
かなりよく見られる疾患です。
N Engl J Med. 2007 May 17;356(20):2064-72.

ということで研修医くんでも
その診断ができる or 近いところまで
辿り着けることが必要です。

診断基準としては・・・

●バゾプレシン分泌過剰症(SIADH)の診断と治療の手引き(平成22年度改訂)
脱水所見がない
低Na血症<135 mEq/L
血漿バゾプレシン値・ADHが抑制不十分
血漿浸透圧<280 mOsm/kg
尿浸透圧上昇>300 mOsm/kg
尿中Na ≧ 20 mEq/L
血清Cr ≦ 1.2 mg/dL
早朝空腹時コルチゾール6 μg/dL以上
>>>
全てを満たしたら診断

となっています。
お役に立てば幸いです!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:12 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち