お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年08月24日

急性アルコール中毒 症状

急性アルコール中毒は
以下のような症状を呈します。

呂律困難
構音障害
従命不可
異常行動
中枢神経活動の低下
協調運動障害
嘔気嘔吐
眼振
重症となれば呼吸抑制、昏睡、痙攣、ショック、昏迷→死亡

血中アルコール濃度別にすると、、、

 10-50 mg/dL(ほろ酔い):陽気、顔面紅潮
 50-100 mg/dL 多弁、直立時の動揺、脈拍増加、血圧上昇
 100-200 mg/dL(酩酊) 感情不安定、判断力低下、運動失調(千鳥足)、記憶障害
 200-300 mg/dL(泥酔) 運動失調(歩行困難)、言語不明瞭、悪心・嘔吐
 300-400 mg/dL(昏睡) 意識障害、失禁、反射消失、呼吸抑制
 400 mg/dL以上 昏睡、呼吸麻痺

です。

血中アルコール濃度の推定をするための
計算方法は知っておきたいですね。

(実測血清浸透圧 − 血清浸透圧の理論値)× 4.6でmg/dLになる
※理論値は2×[Na]+BUN/2.8+Glu/18


急性アルコール中毒 治療も参考にどうぞ。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:38 | Comment(0) | 救急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち