お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年09月13日

カテコラミン製剤

カテコラミン製剤は
ノルアドレナリン
アドレナリン
イソプロテレノール
ドパミン
ドブタミン
といった種類があります。

経口投与できるものなら
デノパミン
ドカルパミン
といったものもございます。

カテコールアミンとは
脳、副腎髄質、交感神経に存在する
生理活性物質の総称で
上記の中ではノルアドレナリン
アドレナリン、ドパミンが
生体内にも存在するものです。

この中では麻酔中の昇圧、
敗血症性ショックでの使用などから、
最も研修医くんが知っておくべきは
ノルアドレナリンだと思います。
詳細は後日記載しますが。。。

さて。

先日敗血症性ショックの患者さんで
ノルアドレナリンを使ったけれど
うまく血圧が上昇しなかったので
ドパミンに切り替えました。

というプレゼンをした研修医くんがいました。

ん???
待て待て。



日本版 敗血症診療ガイドライン 2016 (J-SSCG2016) ダイジェスト版

まずは上記日本版のガイドラインでもいいですし、
Surviving sepsis campaign guideline, SSCGの
英語論文を読んでもいいです。
(Crit Care Med. 2017 Mar;45(3):486-552.)

とにかく読むべしです。

ノルアドレナリンをもう少しきちんと
使ってみましょう。
そして敗血症性ショックならば
NAがダメなら次はアドレナリンか
バソプレシンとされているはずです。

カテコラミン製剤はそれぞれ
受容体の親和性も異なるので
色々と違いますからね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:36 | Comment(0) | 循環器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち