お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年09月25日

転院 同乗

転院のために救急車に同乗しました。
久々でした。

意識障害ということで運ばれてきた患者さんが
その後過量服薬で自殺企図だったと
判明した症例でした。

そして目が覚めて開口一番、
「生き残ってしまった」
「死にたい気持ちがある」
ということで自傷のリスクが高いと判断して
急いで精神科病棟のある病院に
転院搬送したのでした。

昭和49年12月13日付け消防安第131号消防庁安全救急課長通知で
責任は医療機関の責任とされているようです。
つまり搬送中の容体管理は転院元の医師の責任。

ということで何かあってはいけないと
救急車に同乗することに。

致命的なことにワタクシ
車酔いしやすい体質です。笑

車をかき分けてグネグネと
走っていく救急車はまじでヤバイのです。
隣に患者さんがいて
モニターなど見なくてはいけないけれど
自分がしんどくなるので
なかなか難しかったです。

やっぱり乗り心地は最悪でした。
帰りのタクシーに乗るまで
小一時間の休憩が必要でした。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 17:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち