お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年09月26日

慢性DIC

慢性DICという疾患があるんですね。

不勉強な自分はDICとは
基本的には急性のものだと
しっかり思い込んでいました。

今まで原因不明とされてきたようですが、
出血を繰り返しまくっている患者さんが
救急搬送されてきました。

CT検査で大動脈瘤が偶然見つかりました。
心臓血管外科にみていただいたところ
その出血傾向は慢性DICだよと
一発診断でした。

勧められた本にはしっかりと書かれてました。



臨床に直結する血栓止血学 改訂2版

外来でのDICでは動脈瘤に起因した
慢性DIC(線溶充進型DIC)は
結構多いらしいです。

動脈瘤症例では必ず血液凝固検査を行うこと!
逆に原因不明のFDPやD-dimer上昇があれば
深部静脈血栓症だけじゃなく動脈瘤の有無を
検索するべきだと教えていただきました。

よく分からない出血を繰り返す症例があれば
是非一度は動脈瘤からの慢性DICを
検討してみてはどうでしょうか。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:42 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち