お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年10月02日

DIC 基礎疾患

DICの基礎疾患は診断にも必要です。
基礎疾患があったらDIC合併について
注意深く見て行くことが必要だからです。

また治療にとっても重要です。
凝固系優位なのか線溶系優位なのかを
想定するにも重要だからです。

感染症
 敗血症:絶対数が多く合併率も高い
 その他重症感染症
  呼吸器
  尿路
  胆道系
  急性膵炎
ショック:絶対数が多い
組織損傷
 外傷
 熱傷
 熱中症
 横紋筋融解症
 手術
血管疾患
 大動脈瘤
 巨大血管腫
 血管関連腫瘍
 血管炎
トキシン
 蛇毒
 薬物
 輸血反応(溶血性輸血反応・大量輸血)
 移植拒絶反応
悪性腫瘍
 造血器腫瘍
  急性白血病
   急性前骨髄球性白血病:合併率が高い
   急性骨髄性白血病AML
   急性骨髄単球性白血病
   急性リンパ性白血病
  慢性骨髄性白血病
  非ホジキンリンパ腫:絶対数が多い
 固形癌(通常は転移を伴った進行癌)
  腺癌
  肺癌
  胃癌
  肝細胞癌
肝障害
 劇症肝炎:合併率が高い
 急性肝炎
 肝硬変
産科疾患
 前置胎盤:合併率が高い
  希釈性DIC:大量出血から凝固因子が低下してDICになる
 常位胎盤早期剥離
  消費性DIC:羊水や胎盤などの凝固活性因子が血管内に流入する
 羊水塞栓
  消費性DIC:羊水や胎盤などの凝固活性因子が血管内に流入する
 死児稽留症候群
 敗血症性流産
低体温
その他
 低酸素、悪性症候群、脂肪塞栓、血球貪食症候群

困ったことにDICは色々な原因で起こりえます。
基礎疾患は手元に置いて
最多のものからチェックしていくことが必要です。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:34 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち