お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年10月04日

ヘパリン起因性血小板減少症

ヘパリン起因性血小板減少症は
(Heparin-induced thrombocytopenia、HIT)
ヘパリンの合併症でとても有名です。
血小板減少の時の重要な鑑別疾患です。

疑ったら4Tスコアをつけてみましょう。
(J Thromb Haemost. 2006 Apr;4(4):759-65.)

 Thrombocytopenia
  2点:50%を超えた血小板減少 + 血小板最低値 2万/μL以上
  1点:30-50%の血小板減少 or 血小板最低値 1-2万/μL
  0点:30%未満の血小板減少 or 血小板最低値 1万/μL未満
 Timing of count fall
  2点:ヘパリン投与後5-10日の明確な発症 or 過去30日以内にヘパリン投与歴があれば1日以内の発症
  1点:
   ヘパリン投与後5-10日の不明確な発症(例:血小板数測定がされていないなど)
   10日以降の血小板減少
   過去31-100日にヘパリン投与歴があれば1日以内の発症
  0点:今回のヘパリン投与による4日以内の血小板減少
 Thrombosis or other sequelae
  2点:
   新たな血栓症の発症
   皮膚の壊死
   未分画ヘパリンボーラス時の急性全身反応
  1点:
   血栓症の進行や再発
   非壊死性皮膚病変(皮膚の発赤)
  0点:なし
 oTher cause foe thrombocytopenia
  2点:明らかな血小板減少の原因が他に存在しない
  1点:ほかに疑わしい血小板減少の原因がある
  0点:ほかに明確な血小板減少の原因がある
 >>>
 0-3点:低リスク
  →陰性的中率が0.998と非常に高値
 4-5点:中リスク
 6-8点:高リスク
 >>>
 否定するために使うべき

というわけで4Tスコアで中リスク以上なら
HIT抗体の測定をします。
それで陽性なら機能的測定法で診断が確定です。

その後ヘパリンの中止と
アルガトロバンの開始など
治療が始まりますが、
それはまた後日記載しますねー。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
【血液内科の最新記事】
posted by いしたん at 22:39 | Comment(0) | 血液内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち