お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年10月10日

肝膿瘍

肝膿瘍の中でも80%を占める
細菌性肝膿瘍の起炎菌についてです。

 多いもの
  GNR
   大腸菌(ガス発生しうる)→胆道からを疑う
   肺炎桿菌(ガス発生しうる)→胆道からを疑う
  GPC
   Streptococcus(anginosus group)
   Enterococcus→血行性&胆道からを疑う
   その他緑色連鎖球菌
  嫌気性菌
   Bacteroides→胆道からを疑う

 少ないもの
  GNR
   Pseudomonas
   Proteus→胆道からを疑う
   Enterobacter
   Citrobacter
   Serratia
  GPC
   Staphylococcus aureus→血行性を疑う
   β溶連菌→血行性を疑う
  嫌気性菌
   Fusobacterium
   anaerobic streptococci
   クロストリジウム(ガスを発生させうる)
   Lactobacilli

です。
それぞれの細菌についてエントリーで
多いものも載せてみました。

感染症 教科書 マンデルで詳細は確認を!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:26 | Comment(0) | 消化器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち