お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年10月20日

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスは時折救急に
いらっしゃることのある疾患です。

臨床症状や所見で診断するので、
細かく知っておくことが必要です。
Tzanck試験などの検査はありますが、
救急帯でできることは多くないと思います。

誘発因子は以下の通りです。

■誘発因子
日光照射
疲労
ストレス
寒冷
胃腸障害
発熱
月経前期
外傷
ステロイド投与

上記のような誘発の原因の後に
2-3日間の前駆症状があります。
ピリピリする違和感などです。

その後白唇と紅唇の間や口角に
疼痛や灼熱感を伴う
浮腫状紅斑や、
疱疹様(herpetiform)と表現される
以下のような病変が出現します。
 中心臍窩を有する水疱の集簇
 周囲に紅斑(紅暈)を伴う水疱

口腔粘膜アフタを伴うこともありますが、
全身症状は伴わないとされています。

診断基準というものがないので
研修医くんには取り組みづらい疾患ですが、
こればかりは経験を積むしかないでしょう。

以前口唇ヘルペスとされていて
三叉神経第2枝・3枝領域の帯状疱疹だった
という症例を経験したことがあります。

ピリピリする範囲は注意して
問診する必要がありますね。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 12:02 | Comment(0) | 皮膚科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち