お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年10月22日

病院 格差

病院間格差が広がってきている。

部長の先生がおっしゃっていました。

今までは治療の選択肢があまりない疾患が多くて
どんなに勉強したとしても
勉強しないドクターと同じような
結果しか出せない時代があった。

しかし近年は分子生物学からの恩恵により
分子標的薬や生物学的製剤など
色々な薬が開発されてきた。

だから結果が出せる病院と
出せない病院の格差がみるみる
広がってきている時代になった。

これは医者についても同じで、
勉強を続けて知識をアップデートしている医師と
怠けてしまった医師では
全く違うアウトカムが出てくる時代だ。

例えば一つの病院だけでずっとやっている
先生は機能分化しすぎて
全く見たことのない疾患が
意外と多くなっていることに気が付けない。

きちんと成長する意思をもつ医師が
沢山いる病院だけがこれからの時代は
生き残れるようになっていく。

これからの10年間で
淘汰されていく病院は多いと思う。

頑張れ。

部長のおっしゃる通りだと思いました。
頑張っていきたいと思いました。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
タグ:病院 知識 格差
posted by いしたん at 23:25 | Comment(0) | 医師 気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち