お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年10月29日

シーハン症候群

シーハン症候群は出産時の大量出血で起こる
下垂体機能低下症です。

Sheehan症候群の病態は、、、

妊娠中に下垂体前葉が著明に増大する(生理的変化)
出産時に大量出血等でショックとなる
下垂体内の末梢血管が虚脱 or 血管内血栓が生じる
下垂体血管の攣縮と二次的血栓が生じる
出産後下垂体壊死で線維組織に置換される

です。

主に前葉の前下方の壊死が起こります。
その範囲や程度により以下の欠乏が生じます。

 ゴナドトロピン欠乏(LH、FSH)
 ACTH欠乏
 TSH欠乏
 プロラクチン欠乏
 成長ホルモン欠乏

一方後葉機能不全は稀とされています。

というわけで症状も多彩です。

急性期
 強い倦怠感
 授乳の失敗
  乳汁分泌不全が初発症状として多い
 陰毛の脱毛が再生しない
 嘔気・嘔吐

慢性期
 頭がフワフワする
 倦怠感
 授乳の失敗
 永続的無月経
 体毛の減少
 皮膚の乾燥
 性欲消失
 嘔気・嘔吐
 寒さに弱い

なかなか診断が難しいのですが、
上記のような症状があれば
まずは鑑別として挙げることが
第一歩だと思います。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:52 | Comment(0) | 内分泌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち