お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2019年11月08日

ウイルス性髄膜炎

ウイルス性髄膜炎は無菌性髄膜炎の
代表的な一病型です。

原因となるウイルスは多岐に渡ります。

■原因
エンテロウィルス:最多の原因
 エコーウイルス
 コクサッキーウイルスA、B
 ポリオウイルス
  ワクチン未接種で疑う
 エンテロウイルス
アルボウイルス
 ウエストナイルウイルス
 セントルイス
ムンプスウイルス
 ワクチン未接種で疑う
単純ヘルペスウイルス
 HSV-1
 HSV-2
ヒトヘルペスウイルス
 HHV-6
 HHV-7
水痘・帯状疱疹ウイルス
EBウイルス
リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス
サイトメガロウイルス
パルボウイルスB19
アデノウイルス
ライノウイルス
麻疹
 ワクチン未接種で疑う
 ワクチン接種後でも起こる
風疹
 ワクチン未接種で疑う
インフルエンザウイルス
パラインフルエンザウイルス
ロタウイルス
天然痘ウイルス
ヒト免疫不全ウイルスHIV
HTLV-1
日本脳炎ウイルス
 ワクチン未接種で疑う



Feigin and Cherry's Textbook of Pediatric Infectious Diseases: 2-Volume Set, 8e (Feigin and Cherrys Textbook of Pediatric Infectious Diseases)

を参考にしています。
原本を確認したい方はどうぞ!

最近の動向を知りたい場合は
国立感染症研究所感染症情報センターの
病原微生物検出情報にアクセスするといいです!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 21:36 | Comment(0) | 神経内科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
SEO対策テンプレート
医師の気持ち